読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクすること、きっとある!

~世の中にあるたくさんのワクワクを楽しむブログにしていきたい~

桜新町でお土産を買うならここがオススメ!

桜新町というとサザエさんという感じなんですが、

サザエさんのお土産以外に桜新町にある美味しい洋菓子・ケーキのお店を紹介します。

f:id:enjoy_japan:20150305133122j:plain

写真:東急電鉄

【プラチノ】あっさりした桜クリームが美味しい“さくらロール”

買ったきっかけは父の誕生日だったのですが、一口食べてこのさくらロールに惚れてしまいました。桜新町という地名なだけに、さくらに関係するケーキを作ろうということで作られただろうケーキ。

桜の葉の塩漬けが練りこまれた生地と桜リキュールを使って香り付けした生クリームで上品な仕上がりとなっています。

 

私は生クリームがあまり得意ではないのですが、生地からのほんのりした塩味と

くど過ぎないすっきりした味の桜の香りがほんのりする生クリームが絶妙にマッチして1日で半ロールくらい食べてしまいました。

 

桜新町に友人が来るたびに、さくらロールを毎回プッシュしてしまうくらい、記憶に残るケーキです。

ちなみにこのケーキを再現しようとさくらリキュールと桜の葉の塩漬けを買ってロールケーキを作ってみたこともあります。

発売当初は期間限定だったのですが、現在はオールシーズン購入可能となっています。

 

プラチノは世田谷代官屋敷のある通りに本店があり、桜新町が支店となります。

f:id:enjoy_japan:20150305133357j:plain

写真:プラチノ


店舗紹介 | プラチノ-Platino- 大人気アンジュのお店。桜新町・上町本店にてお待ちしております。

※閉店【サンク・イズマエル】2013年9月のオープンながら人気のラスク

「粉雪とありがとうの詩」(幻冬舎)をはじめ「サンク・イズマエルの不思議な旅」シリーズの著者でもあるボビー上杉氏オーナーのラスク専門店。

桜新町の新規オープン店舗などに詳しい母からもらったのが最初でした。

人気なのはキルコッスシリーズとレーズンラスク。

f:id:enjoy_japan:20150305134909j:plainf:id:enjoy_japan:20150305134915j:plain

【キルコッス】   【レーズンラスク】

全てのラスクが少量から購入できます。キルコッスは102円(税込)、レーズンラスクは118円(税込)です。

私のオススメはキルコッスのバニラとキャラメル。バニラとバターの香りが鼻腔をくすぐり、口に入れたときのサクサクした食感と鼻に抜ける香りが楽しめ、味も甘過ぎず上品で桜新町っぽい感じです。

一本一本手作りで焼き上げ、バターや生クリーム等の素材にもこだわっているラスクは絶品です。

画像:cinq-ismael | サンク・イズマエル | ラスク専門店

桜新町の老舗洋菓子店ヴィヨンのバームクーヘン

テレビ東京のモヤモヤさまーずでも紹介されたつぼ型のバームクーヘンが人気の洋菓子店。

f:id:enjoy_japan:20150305135627j:plain


【モヤモヤさまぁ~ず】つぼ型バームクーヘンが美味しそう | とむちゃんの日記2

1965年の創業以来オーナーが一人で焼き続けているバームクーヘンはしっとりしていてお水無しでも食べられてしまいます。私はケーキを食べるとき、どうしても水を飲んでしまうのですが、ヴィヨンのバームクーヘンは本当に水無しで大丈夫でした。

 

伯父の大好物だったので、子供のころはお正月に祖父母の家にヴィヨンのバームクーヘンのよく持って行っていました。

 

ヴィヨンのバームクーヘンは色々な種類のものがあり、ゼリーが入っているものや3種類の味が楽しめるもの、抹茶味など和を入れたものなどがあります。

また、カットされているバームクーヘンもあるので、少量からでも購入可能です。

画像:おいしいバウムクーヘン取寄せの洋菓子ヴィヨン 世田谷区

世田谷土産にも選ばれる桜新町の老舗和菓子店伊勢屋

私もこれは知らなかったのですが、桜の時期だけ販売される桜あんだんごは販売数時間で売り切れるほどの人気商品だそうです。

f:id:enjoy_japan:20150305140632j:plain f:id:enjoy_japan:20150305140648j:plain

桜あんだんごは残念ながら食べたことがないのですが、私が好きなのは右上の桜ホイル。バターを練りこんだしっとりした生地の中に桜あんが入っていて、適度な甘さが美味しい洋菓子?。もちろん他にもお団子なども販売しており、磯辺焼きや粒あんののった団子にみたらしも美味しいです。

駅降りてすぐにあり、創業して80年以上になる桜新町最古のお店なので、桜新町に寄った際はぜひ立ち寄ってみてください。

画像:桜の杜 伊勢屋

最後にやっぱりサザエさん

昨年オープンしたばかりのサザエさん公式カフェ「リアン・ドゥ・サザエさん」。

実はまだ行ったことがないのですが、桜新町で行われる“桜まつり”で売られていたサザエさん今川焼きがいつでも食べられるカフェです。

 

人気なのはタマ。なんでサザエさんじゃないのかというと、サザエさんは白あんだから。

f:id:enjoy_japan:20150305141955j:plain f:id:enjoy_japan:20150305142005j:plain

ちなみに波平さんは定番の小倉あんなので、3つの中だったらどうしても白あんは3番手になってしまう気がします。

また、甘いものが苦手という方には、もんじゃ焼きもあります。

f:id:enjoy_japan:20150305142132j:plain f:id:enjoy_japan:20150305142141j:plain

サザエさんのもんじゃは(チーズ)とありますが、キャベツや紅しょうが、もちが入っています。

他にもパンケーキや生ハチミツソフトクリームなども提供されているので、長長谷川町子美術館に寄った帰りにカフェで一休みするといいかもしれませんね。

ここでしか購入できないグッズ(マグカップ、タンブラー)などもあるのでオススメです。

写真:サザエさんと出会えるカフェ|世田谷区桜新町にあるLien de SAZAESAN(リアン・ドゥ・サザエさん)

 

また、新しいお土産が登場したらご紹介します。

 

 

広告を非表示にする