ワクワクすること、きっとある!

~世の中にあるたくさんのワクワクを楽しむブログにしていきたい~

イタリア最終日:ローマでショッピング+ネコ

2月22日はネコの日。

夫婦でネコ好きの私たちは、ローマにあるネコの楽園へと向かいました。

f:id:enjoy_japan:20160222172754j:plain

 シャトルバスをキャンセルし、タクシーで市内へ

昨夜、フロントにて朝9時のシャトルバスを予約。
Wi-Fiがロビーだと無料なので、
ちょっと早めに降りてバスを待とうとしていたら、
たまたまミラノやゴンドラでご一緒したご夫婦と
ばったり出会いました。

奥様から
コロッセオまで行くけど、どちらまで行くの?」
「よろしかったら、タクシーご一緒しない?」という、

お誘いの言葉を受け
(バス予約しているしどうしようかな)と二人で話していたのですが、
押しの強さに負け、ご一緒することに。

フロントには、キャンセルすることを謝りながら伝え、タクシーで出発。

 

コロッセオまではメーター計算で30ユーロ程度。


ワインもご馳走になっているし、仮面を借りて写真捕らせていただいたので、
ここは払おうとお金を出そうとしたのですが、
「お金を払わせるつもりなら、誘っておりません」と奥様。

「ワインもご馳走になったり、本当にありがとうございます」といい、
コロッセオで下車しました。

f:id:enjoy_japan:20160222172930j:plain

コロッセオからトラステヴェレを目指し歩いた風景

移動は全て徒歩!ローマの下町トラステヴェレを目指す。

妻は、初めてのイタリア、ローマなのですが遺跡の街に住んでいたせいか、
建物にあまり興味を示しません。

ですが、せっかくローマに来たので、ナヴォーナ広場とパンテオンを経由して、
トレステヴェレへと向かいます。

f:id:enjoy_japan:20160222173138j:plainf:id:enjoy_japan:20160222173102j:plain

空が雨上がりの青空ということもあり、いい写真が撮れました。

スペイン広場にも行きたかったのですが、修復作業中なので
今回は行くのをやめました。

ローマの下町、トラステヴェレ

今までの食事が微妙だったので、最終日くらいはいい食事を。


ここで普通だとガイドブックに載っている店に行くのですが、
有名店だと観光客も多く、イタリアを感じられないので
地元民が多くいるトラステヴェレの店を選びました。

 

トラステヴェレには、ローマ最古とも言われる教会や、

イタリアの有名?なデザイナーの革製品のお店があったりします。

 

お昼までちょっと時間があったので、トラステヴェレを散策。

 

たまたま教会に向かう道で、革製品のお店を見つけたので
兄のお土産用に財布を購入。
黒い財布なのですが中はカラフルで、しかも一点ものとのこと。
金額も55ユーロだったのでお安めでした。

allabout.co.jp

そして、ローマ最古といわれる教会
『サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂』へと向かいます。

外観からして古い感じが出ています。

f:id:enjoy_japan:20160222173417j:plain

この教会には、

キリスト誕生前の紀元前38年、のちに聖堂の建つこの場所に突如として

油のような液体が噴出し、その噴出が1日中続いたという伝説がある。 

wikipedia抜粋

そうです。

 

教会の中に売店があり、妻はヴァチカンで購入したロザリオを入れるケースを購入。

いよいよ地元民の通う人気店でランチ

トラステヴェレをGoogleで調べ、
評価の高い店をTrip Adviserのレビューを見ながら決めた
『Alle fratte di trastevere』でランチ。

www.tripadvisor.jp

レビューにもあったのですが、ダンディなおじい様が営業時間前なのに
レストランの中に入れてくれました。


(店内はまだ掃除中)

 

アマトリチャーナ』、『カルボナーラ』、『ミックスサラダ』を注文。

昔、ローマの有名店でカルボナーラを食べたとき、まずかった記憶があり、
心配していたのですが、ここの『カルボナーラ』は美味しかった。

もちろん『アマトリチャーナ』も。

f:id:enjoy_japan:20160222173640j:plain

パスタの種類を言い忘れたため、ペンネで出てきたのですが、
今度行った時は、細麺のパスタで食べてみたいものです。
そして、行くならディナーで行きたい!

(今回は、翌日明け方4時出発だったので、ディナーはやめたのです)

ディナーなら、絶品と評価されているティラミスも食べられます。

 

食事しているとおじい様が

“美味しいかい?”と尋ねてきたので、
“ヴォーノ”とイタリア語で伝えると、
おじい様は笑顔で、

“俺の奥さんが作ってるんだ”と話してくれました。

お店を出るときに、
おじい様が
“日本に帰ったら、友達にこの名刺を渡してくれ”
“そうしたら、また別の日本のお客さんが来てくれる”と。

 

名刺の渡し方がとてもスマートで正直で好印象でした。

食後は歩いてネコの楽園へ、でもその前に・・・

ネコの楽園に向かう途中にあるティベリーナ島を通り、

ユダヤ人街へ入ります。

f:id:enjoy_japan:20160222173857j:plain

 たまたま、アンネ・フランクの展示会をしていたので

たまたま、アンネ・フランクの展示会をしていたので

ちょっと立ち寄り、100均らしき雑貨屋があったので入ってみました。

 

ここに、

歯磨き粉のシャネルとも言われている

『MARVIS』がスーパーより安く売られていました。

スーパーより安く売られていました。

マービス(Marvis)クラシック ストロング ミント 75ml[並行輸入品][海外直送品]
 

ガイドブックには、3.9ユーロと書いてあったのですが、

このお店は2.9ユーロ!

 

スーパーの3個パックで1個プラスという4本セットよりも

ちょっとお得だったので、お土産用に大量購入。

 

おそらく後ろで並んでいたイタリア人の人たちは

“あのアジア人は、なぜ歯磨き粉を20本以上買うのだろう”

疑問に思ったはず。

 

こうして、ネコの楽園に向かう前に大量の荷物を抱えることに・・・。

 

やっと着きました!ネコの楽園!!

旅行前からローマに行ったら必ず行くと決めていた

『トッレ・アルジェンティーナ広場』。

f:id:enjoy_japan:20160222174509j:plainf:id:enjoy_japan:20160222174550j:plain

この広場、実は、“ブルータス、お前もか・・・”で有名な

カエサルの暗殺現場なんです。

 

そんな歴史ある場所を、虐待にあったネコや野良猫の保護を目的とした
『猫シェルター』にしたのです。

 

遺跡ではのんびりのネコたちが生活していて、

ネコ好きの人たちはエサを与えたり、

ベンチに座ってネコをなでたりと、癒されていました。

ここでネコたちに癒されながら、写真撮影。

f:id:enjoy_japan:20160222174354j:plainf:id:enjoy_japan:20160222174429j:plain

 

ネコカフェじゃなくて、ネコと自由に戯れられる場所があったらなぁと
本気で思いました。

ローマ人がうらやましい!!

今度はローマ三越へ。

本当にローマはトイレが見当たらず、困る。

今日も昨日の影響なのか、食事をして歩いていると予感がしたので、
近くのカフェに立ち寄り。

トイレがキレイだったのは救いでした。

足も疲れていたので、カフェタイムを1時間ほど取り、
まったりしている間に、時間は14時に。

 

もうトイレは大丈夫なので、再び歩いてローマ三越を目指します。

 

三越に向かう前に、『ズマ』というスーパーに立ち寄りました。
今、大量に買うのもきついので、

テルミニ駅のコナードで買うことにして、
ここでしか買えなさそうなものを購入することにしました。

ここでしか買えなさそうなものを探していると


マクドナルドのケチャップ”を発見!!

(後日写真掲載)

 

これは買うしかない!ということで、ケチャップだけ購入。

そして、三越を目指します。

 

ローマ三越は共和国広場にあるのですが、意外と見つけにくい。
イタリアって看板が突き出していないので、分かりにくいんですよね。

 

三越は、トイレ休憩とWi-Fi無料使用、両家の父用のお土産を
購入するために来ました。

それと、添乗員さんからもらった粗品引き換え券の粗品も。

(本当に粗品でした・・・。絵葉書2枚)

 

三越の品質は間違いないはずですし、日本語対応なのでとても楽です。
トイレもキレイですし。

 

一つ問題だったのは、

免税手続きで妻の名前のスペルを間違えたイタリア人の店員さん。

 

問題はありませんでしたが、妻は免税が受理されるのかを調べるため、
ホテルに戻ってから無駄に1時間ロビーで時間を費やしました。

この旅の最後、テルミニ駅のコナードへ。

テルミニ駅地下にあるコナード。
降りる場所を間違えると探しにくく、
降りる場所さえ間違えなければすぐ目の前にあるスーパーです。

このスーパーは、万引き防止のため手荷物を全てカギのついた
赤い袋に入れさせます。


そして、常に黒人の警備の方が店内を見張っています。

警備の人を、初めは財布を狙うスリと勘違いしてしまいました。

 

ここでは、イタリアにしかない『クノールのリゾット』のほか、
ネットでオススメされていた白ワイン、ブイヨン、トマトチューブ、
ばら撒き用チョコレート、夕食用のイタリアのカップ麺を購入。

大荷物になったので、当初から予定したタクシーに乗って
ホテルへと帰宅。


運転手のおじいさんが道をしらない感じだったので、
Google Mapで説明しながらホテルへと帰りました。

 

渋滞もありましたが、チップ含め40ユーロでホテルに到着。

 

あっという間のイタリア旅行でしたが、ケガもなく無事に観光を終えました。

広告を非表示にする