ワクワクすること、きっとある!

~世の中にあるたくさんのワクワクを楽しむブログにしていきたい~

慶州(キョンジュ)って知っていますか?

近年では、ソウルよりも行っている慶州。ソウルは20回、釜山は5回以上、仕事や旅行で行っているのですが、一番よかったのはやっぱり慶州。

一体どのようなところが良いのかをご紹介します。

f:id:enjoy_japan:20151126103015j:plain

 慶州ってどんなところ?

一言で言えば、韓国の奈良といわれる都市。

京都といわれることもありますが、古墳群の多さや家を建てようとすると遺跡が発掘されるというケースが多いことから、奈良のほうが正しいと思われます。
しかも、奈良市姉妹都市ですし。

新羅王国の都があった都市であり、慶州市だけで3件の世界遺産が存在するという、稀な世界遺産都市でもあります。

そして、木々が多く、人がうじゃうじゃいないので、暮らしやすい都市でもあります。
(これは個人的な感想です)

f:id:enjoy_japan:20151126103103j:plain

世界遺産を3件も持つ都市

おそらく韓国の中学生、高校生が修学旅行などで1回は訪れるだろう慶州。

石窟庵(ソックラム)と仏国寺(プルグクサ)が1995年にユネスコ世界遺産に登録され、2000年には南山ベルト・月城ベルト・大陵園(古墳公園)に含まれる膨大な遺跡と芬皇寺(プンファンサ)などが慶州歴史地域として登録されました。
さらに、2010年には市の北部・江東面に位置する両班の伝統的民俗村である良洞村が、安東河回村とともに世界遺産に登録されました。

f:id:enjoy_japan:20151126103203j:plain

世界遺産の仏国寺

すでに3回も仏国寺に行っているのですが、ただ世界遺産だから行くというのではなく、ガイドさんの説明を受けることで見方がだいぶ変ってくるはず。

f:id:enjoy_japan:20151126103244j:plain

f:id:enjoy_japan:20151126103400j:plain

仏の国という名がついた理由は?

仏国寺には、“釈迦如来を祀る大雄殿”、“阿弥陀如来を祀る極楽殿”、“毘盧遮那仏を祀る毘盧殿”という3つのエリアがあります。
釈迦如来は「日蓮宗」の本尊、阿弥陀如来は「浄土真宗」の本尊、毘盧遮那仏は「真言宗」の本尊ということで、一つのお寺でありながら3つの宗派の本尊(仏)が祀られていることから仏の国、「仏国寺」と名づけられたそうです。(諸説あります)

f:id:enjoy_japan:20151126103328j:plain

今はありませんが、お寺の周りを人工池で囲っていたため、船着場も置かれていました。仏教というのは当時の貴族たちが信仰していたものなので、仏国寺も貴族たちが訪れていました。特に仏国寺は周りを池に囲まれていたため、密談をするのには最適の場所だったそうです。

※これらの写真は釜山に100年ぶりの大雪が降った年で、慶州も例外なく雪が積もっていました。雪景色の仏国寺や慶州の町並みは結構レアかもしれません。

f:id:enjoy_japan:20151126103711j:plain

慶州の名物って何?

1. 皇南(ファンナム)パン

慶州を代表する、いや韓国を代表するといっても過言ではない皇南(ファンナム)パン。どんなものかというと「あんこたっぷりの焼き饅頭」というところでしょうか。
韓国にはお土産やご当地銘菓という概念に乏しい中、慶州名物として70年以上の歴史を持つお菓子です。
日本のように小分けの箱というのはなく20個入か30個入のものが売られています。2015年9月に行ったときは数量を言えば、その分を袋に詰めてくれるサービスも行っていました。
注文する際は、「焼きたてをください」といわないと、冷めたものになってしまうので、ご注意を。

2.包んで食べるサムパプ

サムパプというのは、「包みご飯」という意味で、葉野菜やゆでた昆布の上に様々なおかず、ご飯とサムジャン(合わせ味噌)をのっけて包んで食す料理です。
キムチ系や佃煮系のおかずやナムル、肉、魚などバラエティに富んだおかずを葉野菜と一緒に食べるのでヘルシーで女性に人気です。
美味しいのですが、合わせ味噌がしょっぱ過ぎたり、衛生面が気になるというお店も多くありますので、注意してください。

3.スンドゥブ一筋でビルを建てた有名店

慶州で有名なお店なので、スンドゥブチゲが好きな人は行くといいかもしれません。ただし、慶州市民は昔のほうが美味しかったといっていますし、私自身もオススメされるほどかなと思ってしまう部分もありました。

ただ、お店はとても繁盛していて、もともとは平屋だったのですが今年行ったときは4階建てのビルになっていて、順番待ちのお客様が待機できる待機所なども設置されるなど、ずいぶんと繁盛しているようでした。
スンドゥブは豆腐、スンドゥブチゲは「豆腐鍋」なのに、お店の英語表記が両方ともsoupと書いてあったので、直したほうがいいのではないかと思ってしまいました。

どうして慶州がいいのか?

ソウルと比較して個人的な考えを箇条書きにします。

・観光都市でもあるので人が優しい。
・ソウルみたいに人が多くない。
・自然が多い(ソウルは街路樹がほとんどない)
・山中湖のようなリゾート地がある。
・韓国で記憶に残ったお店ベスト3のうち2つがある。

ソウルは東京都同じ程度の人口を有する都市ですが、東京都と比較すると街路樹がとても少なく、街の公園もあまりありません。そして交通量が多く、朝からケンカするおじさん達なども多くいます。(個人的な視点なので許してください)
慶州は、貴族たちが多かったからなのか礼儀正しい人が多く、旅行で行っても穏やかな環境で平穏に過ごせるのが本当にいい!のです。

それに、京都と同様に中心部では建物の階数制限、街の景観を損なわないように瓦屋根を使うこと等が義務付けられている点で、ビル群による閉塞感もないのがいいのかもしれません。

老後だったら慶州でもいいなと思い、義父母に聞いたところ、価格は次のような感じだそうです。

慶州のマンション価格は?

エリアにもよるのですが、義父・義母の住んでいるエリアだと60㎡で1300万円程度。ちなみにソウルだと10倍くらいするところもあるので、かなり安いですよね。
私の周囲には韓国好きが多いので、みんなで出資して一部屋買おうかという話もでています。
100㎡を超えると大体2500万円程度となり、日本のベッドタウンと同じような価格帯になるようです。

ソウルでは、ショッピングやエステなどがメインになってしまうと思うのですが、韓国のよさを知る意味でも慶州にぜひ機会があれば一度行ってみてはいかがでしょうか。

オマケ

東洋でもっとも古い天文台:瞻星台(チョムソンデ)

f:id:enjoy_japan:20151126103939j:plain

大陵苑(古の人物のお墓を滑り台にする子供たち)f:id:enjoy_japan:20151126103945j:plain

慶州で一番大好きなカンパジ!!

(サラダはおかわり自由で10人前食べても1万円もいきません)

f:id:enjoy_japan:20151126104330j:plain

ぜひ、慶州へ!!

広告を非表示にする