読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクすること、きっとある!

~世の中にあるたくさんのワクワクを楽しむブログにしていきたい~

SoftBankから楽天モバイルへ変更して7000円以上安くなった

2年4ヶ月使ったSoftbank iPhone5を捨て、SIMフリーを購入し、楽天モバイルに移行した経緯などについて参考になればと思い書き記します。

f:id:enjoy_japan:20150525134000j:plain

なぜSoftbankを選んだのか。

前の会社の関係(ビデオストアというSoftbankのAndoridで楽しめるサービスにコンテンツを入れたが確認できないため、自分が犠牲になった)で8年使っていたauから、SoftbankのAndoridに変えたことがことの始まりでした。

しかしながら、フリーズが多かったのとたいした収益ではなかったので、2年我慢してiPhoneに変更しました。

2年縛りを終えても、月額9000円の謎

iPhoneへの機種変更は店舗で行ったのですが、定額パケット、ホワイトプランで6000円強、さらにWホワイト、ベーシックパック、安心保証パック、iPhone基本パックで2100円程度と通話も大してしないのに、消費税と合わせて月額9000円近い数字となっていました。

iPhoneを昔から使っている人は大体の方が私と同じような金額を毎月Softbankに支払っているのではないでしょうか。

【内訳】

ホワイトプラン:  934円

定額パケット :5200円 (5GB)

Wホワイト  :  934円

S!ベーシック:  300円

あんしん保証 :  475円

iPhone基本  : 475円

合計:8318円+665円(消費税)

妻がMVNOに変えるという一言でシミュレーションしてみた

まずシミュレーションするために、月額のデータ通信量を確認してみました。

意外と確認してる人は少ないと思うので、まずはここからはじめましょう。

 

私の場合、会社もwi-fi、自宅もwi-fiということもあり、月間最大3GB、最低1GB程度しか通信していませんでした。

これを元に色々なMVNOを比較したのですが、楽天会員ということもあり、楽天モバイルでシミュレーションを行いました。

最大でも3GBだったので、3.1GBパックで通話SIMを選択。

端末はXperiaで分割で設定したら、3883円で、現在よりも5000円以上安くなることがわかりました。

もう、この時点で解約手数料9500円なんか余裕で回収できると思い、楽天に乗り移る計画を立て始めました。

でも、Andorid端末よりiPhoneがいい

すでに、2年4ヶ月程度iPhone5を使っていた私はiPhoneに慣れ過ぎていました。だから今更Andoridに戻るのもなぁと悩んでいたら、また、妻がどうせ買うならSIMフリーのiPhoneを買うというので、iPhoneでもシミュレーションしてみました。

 

iPhone5s 16GB:72800円+5824円=78624円 Apple Care無し

24ヶ月分割  :3400円(Appleローン利用)※初回4583円

通話SIM    :1600円(3.1GBパック)

合計:5000円~6183円(初回)

 iPhoneにしたとしても今より安くなります。私の場合は夫婦ともに4インチサイズが好きで、ストレージもそれほど使わない人だったので、iPhone5s 16GBを選択しました。

一括で購入してしまえば、ランニングコストは1600円+通話料しかかからないので、端末料金を払っていない現在と比較すると、7400円安くなったことになります。

 

ちなみに、2年間でカウントし場合は、

1600円×24= 38400円

iPhone:78624円

合計:117,024円

現在の携帯料金:9000円×24=216,000円

 約10万円の節約となり、月々4000円浮きます。

さあ、iPhoneを購入と合わせてMNP移転手続きをしよう

どう転んでも節約になるので、Apple Storeで一括クレジット購入をしたら、今は2日後くらいには届いてしまうんですよね。

それと同時に、SoftBankMNP転出手続きを行いました。

MNP転出のコールセンターはどうして中々つながらないのか、SoftBankの計算かと思いながらも、15分待ってやっとつながりました。

そこで転出の旨を伝えると、担当者が2つの特典の対象だといいます。

「いったい何の特典なのか?」と思いながらも、話を聞くと

 

担当者:「今、転出しないでいただくと機種変更時に30000円のキャッシュバックか、24日月間毎月1000円が割り引かれる特典がお選びいただけます」

 

私  :「・・・、大丈夫ですというか、いらないです」

 

担当者:「そうですよね。それでもMVNOサービスのほうが安いですよね」

 

担当者もわかってはいるけど、マニュアル通り説明をしなければいけないので、これは結構なストレスなのではと思ってしまいました。

 

転出の電話が終わると、数十分後にSMSで予約番号が届きました。

さあ、いよいよ楽天モバイルに申し込みます。

申し込みと手続き、中古になったiPhoneの買取の流れについては、明日書きます。

総括

キャリア端末を使っていて、毎月の通信費が高いと思う方は請求額の内訳を確認すること。

ほとんど電話を使わなくなった時代、通話料半額のプランは本当に必要なのかなど、自分の生活と合わせて必要じゃないものを仕分けすること。

auスマートバリューなどの割引がなく、端末にこだわりがないのであればMVNOを検討するべし。 

関連記事