読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクすること、きっとある!

~世の中にあるたくさんのワクワクを楽しむブログにしていきたい~

【悲報】LINEクリエイターズスタンプの料率が35%に引き下げ

f:id:enjoy_japan:20150106103853p:plain

2014年12月26日にクリエイターズスタンプの制度変更を発表

昨年末にLINEはクリエイターズスタンプの制度変更を発表しました。

その内容とは・・・

 

2月1日申請分から35%の料率に・・・

 

Google PlayApp Storeの課金手数料は以前まではLINE側が負担をしており、

売上100円に対し、クリエイターは50%である50円をもらっていました。

ですが、2月1日からは上記の課金手数料を引いた70円から50:50で

シェアするという方式に変わります。

つまり、現状から売上が実質30%減ってしまうということになります。

1月までに申請したものは、すべて旧料率が適用されるので、駆け込みでの

申請が多くなりそうです。

 

料率が変わることで何が変わるのか?

カテゴリの追加

f:id:enjoy_japan:20150106104801p:plain

スタンプを探しやすくするためのカテゴリ機能が追加されます。クリエイターが選択したキャラクターカテゴリ・テイストカテゴリによって、ユーザーがスタンプショップ上でスタンプを探しやすくなる予定です。(2015年春ごろを予定)

審査期間の短縮

現在でも40000を超えるスタンプがあり膨大な量となっていますが、人員を増やしたり、スタンプ登録データを迅速に処理するシステムを開発するなどを行い、審査期間を短縮していくそうです。

最低支払い金額の変更

スタンプが多くなり過ぎ、埋もれてしまうこともあり、従来の10000円から

1000円を最低支払い金額に変更するようです。(2015年2月予定)

私自身も1万まで到底たどり着けないと思っていたので、朗報ではあります。

 

ソース元:LINE CREATORS MAGAZINE